スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

油の種類

皆さんは、どんな油を使っていますか?


オメガ3たっぷり♪「インカインチオイル」
インカインチオイル


油は常温で固まっている「飽和脂肪酸」と、
常温で液体の「不飽和脂肪酸」に分かれます。

飽和脂肪酸 は、ラードやバターなど、肉類や乳製品の脂肪に多く含まれます。


不飽和脂肪酸 は、植物油や魚の油に多く含まれます。
不飽和脂肪酸には、オメガ3、オメガ6、オメガ9 があります。


オメガ3と、オメガ6は必須脂肪酸 で、
オメガ6(リノール酸)は、コーン油、ごま油、大豆油など、普段私たちが良く口にしている植物油です。
牛肉、豚肉、鶏肉などの動物性油もオメガ6を多く含みます。

一方、オメガ3(α-リノレン酸)は、亜麻仁油、シソ油、えごま油、
さらには、イワシ、アジ、サンマなどの青魚に多く、現代人が不足している栄養素。

オメガ9は、みんなが大好きな オリーブ油が代表的です。


植物油の場合、
原材料が何で出来ているか、はっきり分る商品を選ぶことが大切。

ごま油は胡麻、なたね油は菜種、が原料です。

しかしサラダ油は、
大豆やコーンなどのブレンド油で、遺伝子組み換えが心配 されます。


また、現代人に不足しがちな、
α-リノレン酸(オメガ3が含まれる油)は意識的に摂ることも大切!

亜麻仁油



オメガ3が不足すると
発育不良、皮膚炎、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、
学習能力・集中力低下などを引き起こすと言われています。


外食が多い方は、オメガ6(リノール酸)が過多になっている場合も・・・。

リノール酸(オメガ6)は、体内でアラキドン酸に変化し、炎症を起こす物質となり、
炎症やアレルギーの原因 になり、
大腸がん、乳がん、動脈硬化、心臓病などの危険因子 になると言われています。


特に注意したい油は、「トランス脂肪酸」
溶剤を使い高温精製で化学的に抽出された油 です。
※トランス脂肪酸については、次回お話いたします。


人間のカラダは、60兆個の細胞からできています。
その細胞を守っている細胞膜は「油」で決まる と言われています。

それぞれ良質の油をバランスよく摂取することは、
アレルギーや多くの病気からカラダを守ってくれることに繋がります。

良質の油を少しいただくことが、カラダを作る第一歩。

但し、どんなに良い油でも、摂り過ぎは禁物ですよ~



オーガニック☆コンシェルジュ
高橋みず保


スポンサーサイト
  1. 2015/02/05(木) 22:55:14|
  2. 食材/調味料
  3. | コメント:0
<<トランス脂肪酸ってなぁに? | ホーム | 調味料の選び方 ~味噌~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。