FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「腸活」しませんか?

脳の監視がなくても機能できる唯一の臓器「

「神経消化器学」という
新たしい分野からもたらされた知見として、は「第2の脳」と言われています。


は、脳からの信号を待つことなく、
「消化」という重要な機能を果たす ことができます。


食道から肛門まで、
約9mのには、無数の脳細胞が存在 しており、
ニューロンの数は脊髄や、末梢神経よりも多いとか・・・。

1億個の脳細胞が存在すると言われています。


が脳に感情サインを送る?!


には、迷走神経という大きくて厄介な神経があります。

研究によると、
その繊維の90%までが、腸から脳へ情報を運んでいることが明らかになっており、
脳は、腸からの信号を「感情」として解釈 しているようです。

腸の健康は、
ココロの健康とも密接に繋がっているともいわれていますね。


こんな実験もあります。

様々な食事を、チューブを通して与えた結果、
被験者が、 “何を食べているのか” 
全く理解できなくても、
食べ物が “気分” に影響を与えることが確認されています。


例えば、脂肪を摂取すると、
脳の天然麻薬であるドーパミン 放出の引き金となり、
幸福感や喜びを増加させ、

炭水化物を摂取すると、
幸せを感じる神経伝達物質のセロトニンの放出を刺激 します。



腸に宿る免疫細胞は、カラダを病気から守ってくれる?!


腸には、
脳細胞があるだけでなく、大量の免疫細胞が存在しています。

これは、腸関連リンパ組織 といい、
外部からの侵入者を撃退する役割を果たしています。


腸関連リンパ組織と、
腸内細菌叢 (腸内には数兆もの細菌が生きている!微生物の宇宙!) は、
病気に打ち勝つため懸命に働いてくれます。


だからこそ、悪い細菌と一緒に、
有益な最近まで殺してしまう
抗生物質の使用には最新の注意が必要 です。


日本には、
世界でも珍しい植物性の発酵食品 が無数にあります。


微生物の菌が生きている
発酵調味料の「醤油」、「味噌」、「酢」、「みりん」、をはじめ、

乳酸菌がたっぷり入った「ぬか床」「漬け物」
動物性の乳酸菌である「ヨーグルト」
ごはんのお供にサイコ―である「キムチ」も、
正式なモノは乳酸菌(ラブレ菌)がヨーグルトの4倍と含まれるとも言われています。
※キムチの素ではありません。発酵したキムチの場合です。

キムチ盛合わせ



日本古来の知恵が活きた発酵食品
毎日の食生活の中でしっかり摂取し、腸を整え、腸内環境と活動をサポートしましょう♪


オーガニック☆コンシェルジュ
高橋みず保




高橋みず保 ツイッター(お気軽にフォローどうぞ。基本フォロー返しします)
https://twitter.com/wholefood_life

高橋みず保 フェイスブック(お気軽に申請どうぞ。基本承認致します)
https://www.facebook.com/mizuho.takahashi.7568

スポンサーサイト

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2015/06/17(水) 23:20:03|
  2. 添加物/健康
  3. | コメント:0
<<だし工房 「宝達」一番だしキット | ホーム | 意外な?!発酵食品>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。