FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カラダの毒をデトックス?!

今日は、添加物についてお話させていただきます。

皆さんは、
添加物と聞いてどんなイメージをお持ちでしょう?

私たち人間は、長い経験の中で、
塩漬け、酢漬け、乾燥、燻製など、
食品の保存性を高めるための方法を経験から生み出してきました。

いつの頃からか効率性を優先するために、
その方法を食品以外のモノに頼るようになりました。

さらに、
保存の目的以外にも、見栄えを良くするための着色料発色剤など、
効率を上げ、大量生産を可能にするための乳化剤や膨張剤
カロリーを優先するための合成甘味料など、
添加物のない生活が有り得ないほど私たちの生活の中に浸透しています。


【添加物の国内認定品目数】 

食品添加物 約1497品目 と言われています。(※2013年3月 厚生労働省指定)

因みに、日本以外で多い順では、
アメリカ 133品目
ドイツは  64品目
フランス  32品目
イギリス  21品目

???

数が、ぜんぜんちがう~~~!!のです。

日本人は、
一般家庭での摂取量は、1年で約4kg (1日10g) →小さじ2杯

外食が多い方は、1年で約11kg  摂取していると言われてます。

そんなに!!!と思われる方も多い事でしょう。
私も、正直驚きました。


添加物が多く使用されてきた時期を同じくして、
癌を含む、成人病の増加や、
花粉症などのアレルギーの増加が同じような推移をたどっています。


もちろん、それだけの理由とは一概には言えませんが、
少なくとも、
体調がすぐれない方は、
自然界に存在しない合成化学物質の摂取は、極力控える!ことをオススメします。

一度摂取した添加物は、身体中にこびりつき、中々排出されません。
毒素の排出を促進し、体調を整えるには、

1、手作りの食事をいただく
 自分で作れば摂取量を激減でき、
 さらに、昔ながらの製法で作る自然調味料(醤油、味噌、みりん、酢など)は、
 カラダに必要な細菌が生きているため、カラダを調える働きを持っています。

2、適度な運動を行う 
 代謝を高めることが、デトックスの早道!
 下から上に、血液、体液、気の流れを調えることが、毒素を溜めないポイント。
 但し、激しい運動はかえって逆効果。

3、よく噛む事 →これがもっとも大事!
 何はともあれ、よく噛んで食べること で、毒を制すと言われています。
 一口いれたら30回~50回!
 よく噛むことで、消化が良くなり、添加物(毒素)が排出されやすくなると考えられています。
 添加物の多い食品を食べるときは、よ~く噛んで召し上がってくださいね♪


添加物を避けるため、排出するためには、「よく噛むこと」
これだけです☆

是非!お試しあれ♪


ある日のデトックス☆メニュー
前菜

・味噌にゃかうだ
 麹から作った本物の味噌で作ったバーニャカウダならぬ「味噌にゃかうだ」
 麹菌が活きた味噌とナッツがポイント

・甘酒の麻婆茄子
 生麹で作った甘酒(甘味料として使用)と、そばの実で作った麻婆ソース
 自然の甘みと豆板醤の辛味で食欲増進

・切干大根のガーリックオイル和え
 切干大根を洋風に♪
 作り置きがきくガーリックオイルで和えるだけ
 お酒のお供にサイコ―ですよ



オーガニック☆コンシェルジュ
高橋みず保




スポンサーサイト
  1. 2015/01/29(木) 22:46:54|
  2. 添加物/健康
  3. | コメント:0
<<有機で街おこし | ホーム | お初!市川志の春さん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。