スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

用途名併記 ってなぁに?

今日は「用途名併記」についてお話します。

用途名併記

合成添加物はもちろん、天然添加物、一般添加物、天然香料など、
原則的には全ての物質名を表示することになっています。

しかし、

中には、物質名と使用目的を「用途名併記」して表示するものがあります。

これらの添加物は、
基本的には毒性が強いモノが多い とされています。

別名、W表記

W (2つ以上)ってことですね。。


例えば、

物質名  亜硝酸ナトリウム、亜硝酸塩
↓↓
用途名  発色剤  の表記でOK!


物質名  赤色2号、赤色3号、緑色3号、青色1号
↓↓
用途名  合成着色料  でOK!


何かがおかしい気がする!!!

この表記、所轄官庁の見解では、
似た働きの物質が多く含まれる場合に、用途名でまとめて記載して構わないとの見解。

とてもお役所的で、
用途名で記載されるような働きの添加物が2種類以上使用されていますよ~と、
メーカー側の対応と、
一般消費者の方の分り易さを“W”で考えた対応・・・と言うことらしい。


工業製品ならいざ知らず・・・

食品ですが、何か?


解って選ぶのと、知らないで選ぶのとでは、大きく違ってきます。

得意の「自己責任」が、ここにも存在しているのです。




オーガニック☆コンシェルジュ
高橋みず保



--------------------------------------------------
◆学び!のご案内
ホールフードスクール : http://wholefoodschool.com/

◆食の個人レッスン承ります!
ビオカーサ : takahasi@bio-casa.jp

FBはこちら : mizuho.takahashi.7568
--------------------------------------------------
スポンサーサイト
  1. 2015/02/25(水) 16:54:37|
  2. 添加物/健康
  3. | コメント:0
<<歯の健康 気遣ってますか? | ホーム | 麹でつくる甘酒のつくり方>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。