スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

麹でつくる自家製甘酒

■ ブドウ糖を味方につけて、上手にダイエット♪ 


甘い物好きな女性の方にとって、ダイエットは永遠の課題。

甘いものを適度に食べながらも、
食べたものがエネルギーに変ってしまえば太る心配もあまりありません。


ではその“エネルギー”の正体とはなんでしょうか? 

正解は、【 ブドウ糖 】です。


ブドウ糖は摂取すると、“すぐに体の中で使えるエネルギー”として働き始めます。

≪ ブドウ糖 ⇒体内吸収 ⇒エネルギー ≫

甘味の中には様々なものが存在しますが、
そのどれもがブドウ糖になって体を動かすエネルギーに変わります。
つまり【ブドウ糖】そのものを摂取すれば、体内ですぐにエネルギーに変わってくれます。



ブドウ糖が豊富な食品と言えば、甘酒 です。

その中でも、米と米糀でつくられた甘酒は天下一品!
甘酒


甘酒が  “飲む点滴” と呼ばるのも、ブドウ糖を豊富に含んでいるからです。


一方で、
市販のスイーツに使われているほとんどの甘みは 砂糖 によって作られます。

「砂糖」は、私達の体の中でいったん吸収され、
肝臓でブドウ糖に変換された後、エネルギーとして放出 されます。

つまり 砂糖 は、エネルギーに変わるのに時間がかかるのです。


甘いものが欲しくなったら、
エネルギーに変りやすい 甘酒 を飲んでみませんか?


お砂糖たっぷりのスイーツの代わりに、おちょこ1杯の甘酒 を飲むことで、
ダイエット中の方も、気持ちを大らかに持って楽しみながら過ごせそうですよね。


ちなみに、甘酒をおちょこ1杯分(30ml)飲むと、約24~30kcal といわれています。


ケーキ1個、チョコレート1枚を我慢するのはキツくても、
甘酒をちょっと飲むことで、満腹中枢が刺激され満足感を得られるはず♪

食べ過ぎを抑制する効果も期待できるので、
食前や食間に少しずつ飲んで、体調管理にお役立て下さい。

麹菌をしっかり腸に届けましょう♪


エネルギーに変りやすいブドウ糖とはいえ、飲みすぎは良くありません。
体調に合わせて、上手に生活の中へ取り入れてみてくださいね。


次回は、自宅で簡単!甘酒の作り方 をご紹介します♪



オーガニック☆コンシェルジュ
高橋みず保



--------------------------------------------------
◆学び!のご案内
ホールフードスクール : http://wholefoodschool.com/

◆食の個人レッスン承ります!
ビオカーサ : takahasi@bio-casa.jp

FBはこちら : mizuho.takahashi.7568
--------------------------------------------------

スポンサーサイト
  1. 2015/02/22(日) 13:32:03|
  2. 料理/調理法/道具
  3. | コメント:0
<<麹でつくる甘酒のつくり方 | ホーム | 電子レンジの正体>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。