FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食品添加物④ ブドウ糖液糖

最近、春の日差しを感じるようになりましたね~

花粉の季節が近づいておりますが、
口に入れるモノに配慮しながら体調を整え、アレルギーを撃退していきましょう♪

本日は、「ブドウ糖液糖」 につていお話します。

清涼飲料水やお菓子、加工食品などに使用される人気モノです。

名前から想像し、
ブドウから作られていると思っている方がいらっしゃいますが、
そんなナチュラルなものではありませんよ~~~(笑

ブドウ糖液糖は、
安価なデンプンから生成されるもので、
清涼飲料水やお菓子などに広く使われています。

血糖値を急激にあげ、糖尿病の引き金になっていると言われる添加物です。


急激な血糖値の上げ下げは、

キレやすくなったり

カットなる など、精神に多大な影響を与えます。


ブドウ糖液糖だけでなく、
人口甘味料には、サッカリン や アスパルテームが含まれ、

砂糖の200倍も甘く低カロリー のため、

ダイエットフーズなど多様な商品に使用されています



妊婦が摂取すると、

フェニラケトン尿症や、

新生児の脳障害の可能性が高くなる と言われる怖ろしい添加物です。


たとえカロリーがゼロでも、
それ以上に問題のある化学物質を口にしていることを知っておかなくてはなりません!!


昨今の、精神的な病いの多くは、
これら人口甘味料の多量摂取による弊害とも言われています。

人口甘味料の影響を指摘する心あるドクターもいらっしゃいます。


現代生活を送る以上、
想像以上の多量の添加物、化学性物質を口にしていることは事実です。


でも怖がることはありません。
まずは知ることから始めましょう♪


解毒をご希望の方は、排せつ機能を上げる「運動」 が最も効果的です。
運動が苦手って方は、
鍼灸やリンパドレナージュ、アロママッサージなど、
自分に合う施術で排せつを促すと良いでしょう。


解毒の時は、いつもより食べる量を減らし、内臓を休めてあげること。

夕食を軽めにしたり、
肝臓の排泄時間である23:00~25:00にはカラダを横にしていることなど、
生活スタイルに合った解毒をしていきましょう!

もちろん、歩くだけでもOKですよ。


少しずつ、
生活習慣を変えていくことで、心身共にリフレッシュされていきますよ。




オーガニック☆コンシェルジュ
高橋みず保





スポンサーサイト
  1. 2015/02/15(日) 21:19:36|
  2. 添加物/健康
  3. | コメント:0
<<食品添加物⑤ 合成甘味料の正体 | ホーム | 食品添加物その③ 旨味調味料>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。