スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食品添加物その③ 旨味調味料

添加物シリーズも3回目になりました。
今日は、代表的な添加物についてお話します。

本日のテーマは 「旨味調味料」 です。


この味がおふくろの味?になっている方も多くいらっしゃるかも・・・
そのくらい普及した化学調味料です。


「化学調味料」は、細菌による発酵法で作られています。


グルタミン酸を多く作る能力をもった突然変異菌のグルタミン酸生成菌に、
廃糖蜜(さとうきび)などの糖質をエサに与え、人工的に作り出します


ここまで見ると自然な感じですが・・・、いえいえ、そうではありません!


この細菌が作ったグルタミン酸に、
水酸 化ナトリウム(苛性ソーダ) を加え、グルタミン酸ナトリウムを作ります


もはや、化学の実験です・・・。

 
化学調味料をたくさん使っている中華料理を食べると、
吐き気やめまい、頭痛などの症状を起こす、

「中華料理シンドローム」 って聞いたことありませんか?


一時期話題となり、
化学調味料が味覚を狂わせてしまうことが問題となり、新しい添加物くんが登場します!

「たんぱく加水分解物」 です。

加工食品に多く使用されている現在のスーパー添加物くんです。


脱脂大豆に塩酸を加えて反応させ(加水分解)中和するとアミノ酸の液ができます。


何だか、穏やかではありませんね~

塩酸って、漂白とか消毒に使う、あの塩酸???です。


この旨味液は、化学調味料よりくどさがなく、
加工食品に適役の旨味となり一躍人気モノ になりました。


しかし、塩酸で分解させる時に、

発がん性の「塩素化合物」 ができる恐れがあるだけではなく、

頻繁に食べていると味覚が破壊されてくることが判明しています。



化学調味料 や、
たんぱく 加水分解物 は、「塩気」を感じなくする ために、
塩分過多の食事になってしまうことが大きな問題となっています。


スーパースターの添加物くん、
避けることが難しいくらい、色々な加工食品に使われています。


普段食べている加工食品があれば、ぜひ!裏面をご覧になって見てください。



オーガニック☆コンシェルジュ
高橋みず保



スポンサーサイト
  1. 2015/02/12(木) 23:14:54|
  2. 添加物/健康
  3. | コメント:0
<<食品添加物④ ブドウ糖液糖 | ホーム | 食品添加物その② 添加物表記について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。