FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」

こんにちは。
オーガニックコンシェルジュの高橋みず保です。

今年度の最後の授業は、映画鑑賞

ベルリン国際映画祭に出品された
ドキュメンタリー映画
「パパ、遺伝子組み換えってなぁに?」




子どもを持ったことで「食」について
考えるようになった監督が
家族とともに謎を解く旅に出かけたドキュメンタリー


2年間、
日本の食と文化について勉強してきた
アジア各国からの生徒たち

さて、どんな反応をするかしら…。


アメリカでは、
生物農薬として登録されている
GMO穀物

アメリカの栽培面積の約85%はGMO
GM大豆にGM小麦、GMなたね…

アメリカでは、表示義務すらないGMO

有機食品でない限り、
加工品の餌や飼料は間違いなくGMO


種だけの話だけではない。

GMOの種とセットで使用する
農薬や除草剤などは、
猛毒性が高く、
自然への影響や
人体への影響も懸念されていますが、

生産農家のインタビューからは、
世界の食料を支えている使命感が感じられる。

日本では、
特定の食材に規制が掛かっていますが、
それもごく一部に限られています。

そのため、
「遺伝子組換えではない」という
不思議な表示を見たことはないでしょうか。

基本は、非遺伝子組換えではなく、
遺伝子組み換え使用がベーシックという事実


遺伝子組換えで有名な
多国籍バイオ化学メーカー モンサント

そして、
こげないフライパンで有名なデュポンも、
GMO種や農薬を作る世界的な複合企業

食と文化について勉強するなら、
表裏一体の裏側も学んで、
バランスよく
見極めて欲しいとの想いからの試写会

命を育むタネのこと、
改めて、考える時間となりました。

この映画、まだの方は、
ぜひ!一度ご覧になってみてください。
人生の気付きがあるかも知れませんよ。



オーガニックコンシェルジュ
高橋みず保
スポンサーサイト

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2018/02/21(水) 10:17:27|
  2. 添加物/健康
  3. | コメント:0

日本で約1,500品目

こんにちは!
オーガニックコンシェルジュの高橋みず保です。

厚労省が認可する添加物は、
「条件付き」と認識するべし!

添加物の神様と言われて、
今は、消費者側の味方として講演活動を行う
安部司氏の記事を読みつ、
思わず補足させていただきました。


◆プロが指摘する食べてはいけないもの
https://dot.asahi.com/wa/2018020900048.html?page=1



誰もが味わったことのある味

インスタント食品や加工品に
よーく使用されている
「酵母エキス」や、
「たんぱく加水分解物」などは、

コクや旨みをもたらす目的で
食品加工に使用される超人気者!!

グループ総称名は、「アミノ酸混合物」


これらは、
添加物グループではないため
見落とされがちですが、
列記とした化学的な合成調味料です。


商品のウリとして、
「無添加」と表記されて食品を多く見かけますが、
多くの商品は、
これらアミノ酸混合物なしでは、
商品にならないのが現実です。


添加物や化学的な調合による化学物質は、
人類が長い期間、
食べ続けたことがないため、
人体に、どのような影響が出るのか、
正直、分かっていません。


化学的な物質同士の組み合わせが、
無限にでき上がるため、
特定できないのが実情です。


世の中に存在しないもの
自然界には存在しないもの

これらは、自然なものではないため、
極力、摂取しないに越したことはないと考えます。


過敏になり過ぎるのも、
精神的に良くありませんが、
気にしないのも、また問題です。


大切なのは、
ココロとカラダのバランスを
自身に問いかけ、
カラダとココロの声を聴くこと


世の中、自然の摂理で動いています。


自然に逆らわず、
身も心も委ね、自然でいることも
また摂理なのでしょうね。


わたしは、アミノ酸混合物を食すると
頭痛と吐き気をもよおすので、
隠しても、使用してるのが分かるのですよ〜

食いしん坊のわたしには、
ホント、生きにくい世の中なのです。


オーガニックコンシェルジュ
高橋みず保

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2018/02/14(水) 09:48:38|
  2. 添加物/健康
  3. | コメント:0

100年の蔵で醸されるヤマロク醤油

雪の舞い散る小豆島へ25年ぶりの来島

木桶で作る醤油作りを残すため、
桶を作る技術の伝承も必要と考えた
「木桶プロジェクト」見学の合間に
ヤマロク醤油さんの蔵を見学

100年以上掛けて育まれた
微生物や菌たちが、
100年前から使用している桶や
蔵の壁や天井にビッシリついて活動してる




そこは特殊な空間で、
良なるものしか育まれないような
穢れが落ちるような空気感でした。

「生かされている」
そんな言葉が浮かぶ無の空間でした。

木桶で作るお醤油は全体の僅か1%
今となっては、とても珍しいお醤油です。

昔ながらの製法で
じっくりゆっくり醸される木桶の醤油




ヤマロク醤油さんでは、
濃口で2年
再仕込みは
4年の歳月をかけて作られています。

なんでも急ぐ現代において、
4年の時間を掛けて醸されてるとは感慨深い

機会があれば、
ぜひ、ご自身の目で見て、
食べて応援して欲しい

今年の夏は小豆島へ





オーガニックコンシェルジュ
高橋みず保

テーマ:食品・食べ物・食生活 - ジャンル:ライフ

  1. 2018/01/31(水) 07:27:52|
  2. 食材/調味料
  3. | コメント:0

コーヒーフレッシュってミルクなの?!

こんにちは!

オーガニック・コンシェルジュの高橋みず保です。


高級な喫茶店に行くと、
コーヒーに生クリームが付いて来ます。

濃厚で、確かに美味しい♫



何個でもどうぞ!の
ミルクとは一体何が違うのか…、
想像したことありますか?


世に出回っているコーヒーフレッシュ

中身は、
ミルクではなく…、「油」です。

それも、
トランス脂肪酸を含んだ油を
添加物で乳化させたフェイク食品です。


トランス脂肪酸ってなんやねん!という方は、
ご説明いたします。

トランス脂肪酸を
多く含む食品として硬化油があります。

硬化油とは、
融点の低い不飽和脂肪酸を多く含む
油脂(植物油等)に、
水素付加を行うことで飽和脂肪酸に変換して
常温で固体にしたもので、
代表的なものにマーガリンがあります。

バターは固いから、
マーガリンを使ってます♪と、
ときどき耳にしますが、
中身が全く違うとご理解くださいね。


コーヒーフレッシュを、
「ミルク」だと思って使っていたあなた!

気になる場合は、お控えください^^


オーガニックコンシェルジュ
高橋みず保



テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 2017/10/24(火) 10:39:19|
  2. 添加物/健康
  3. | コメント:0

添加物の神様

昔、添加物の神様と言われた
食品加工の
スーパースターがいらっしゃいました。

「食品の裏側」で有名なあのお方…です。


久しぶりに、
添加物の勉強会でお話を伺い、
またまた「伝えたい」衝動に火がつきました。

やっぱり、
摂らないことに越したことはない!!


顔の知らない誰かに
食品の加工を委ねるなら、
ある程度は仕方がないと覚悟が必要です。


買うも、買わないも、自己責任。


日本人は、得てして
日本のものは安心安全と誤解をしている。


添加物だけで作られた
不自然な食べ物を選ぶか、
パワーのある食べ物を口にするか、

選択は自由!


写真は、
粉のお吸い物を合成する化学調味料一式





舌に記憶されている
松茸風味のお吸い物の味が…。。


知って選ぶか、
知らずに選ぶかは、大きな違いに。

世の中には、
フェイクな食べ物がいっぱい溢れてる。

例えば、
マーガリンは
添加物の合成で作ったバター風製品

マヨネーズ
と、表記できる商品はごく一部

メーカーさん、ごめんなさい。。


でも、知ってて選んで欲しいのです。
利便性の追求をすると、
同じだけのリスクを得ることになるのだ。

消費者が購入すれば、メーカーは作り続け

メーカーは、
消費者が好むものしか作りません。


安心できる
心豊かで穏やかな世の中になりますように。



オーガニック☆コンシェルジュ
高橋みず保

テーマ:人生を豊かに生きる - ジャンル:心と身体

  1. 2017/10/22(日) 16:00:00|
  2. 添加物/健康
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。